最近では、犬を飼っている人がとても多いですよね。

犬を実際に飼う場合、ただ可愛いと育てるだけでなく
しつけが必要となります。

犬にしつけが必要な理由は、人間社会の中で犬と人が
快適に生活していくために必要最低限なルールを犬に
教えていくものです。

犬のしつけには、犬の安全のために何でも拾って食べないようにしたり、
飼い主ではない人に襲いかかったりしないようにすることや、
むやみに吠えないようにすることも大切です。

犬にルールを教えるためには、飼い主自身がまず
犬のしつけが必要な理由をしっかり自覚することが大切です。

犬のしつけは、犬に芸を覚えさせることや、命令をきかせようと
いう気持ちで行うのではなく、飼い主と飼い犬という良い関係と
信頼関係を築くことがポイントとなります。

人間に性格や気質があるように、犬にも同じように服従本能の強い犬や
権勢本能の強い犬など犬によっても違いがあるので、犬のタイプに
適したしつけ方法を用いると良いと言われています。

犬は、オオカミを祖先としていると言われており、
本能と習性はオオカミから受け継がれていると言われています。

そのため犬は、群れて集団で生活し、群れの中では順位づけを行い、
縄張りを持つ習性を持っています。

その習性は、飼い主の人間と飼い犬との間にも生まれ、
犬は人間との順位づけを行うと言われています。

犬のためにも、順位づけを正しく行い、人間社会で安全にそして、
飼い主以外の人々とも楽しく快適に生活することが出来るように
犬には、正しいしつけが必要なのです。

| »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

| »