犬のしつけは、犬を飼う飼い主にとって必ず行わなければいけないものです。

人間が犬と快適に楽しく過ごすために行うという意識もありますが、
犬のしつけは、犬にとっても人間社会で危険がなく人間と楽しく過ごすために
必要なことです。

特に、集合住宅で犬と共に生活する場合、必要とされる犬のしつけは、
通常よりもよりきっちり行わなければいけないものだと言えます。

集合住宅は、多くの人達が生活している空間です。
たくさんの人が生活しているからこそ、人それぞれの体質や考え方があるので
気を配って生活していかなくてはいけません。

犬のしつけだけでなく、飼い主も周りの人達に対する心配りが必要となります。

犬を充分にしつけて周りに迷惑をかけていないと思っていても、
常日頃から周りの人達に対する配慮の言葉を伝えておくことはとても大切です。

たとえ犬のしつけがきちんとしていたとしても、飼い主の心配りが感じられないと
ほんの小さなことでも犬に対する批判を浴びてしまう場合があります。

逆を言えば、飼い主の心配りが常日頃から周りの人達に伝わっていれば
多少のことは、寛容に受け止めてもらえ良好な関係を作っていくことが出来るとも
言えます。

集合住宅に住む犬のしつけは、基本的なことはもちろんですが、
集合住宅にある規約に関してもしっかり飼い主と犬の両方で守るようにすることが
重要だと言えます。

ペットを飼っても大丈夫な集合住宅でも、最低限の規則やルールは必ずあります。
すべてが自由に好き放題で暮らせるということはありえませんので、
集合住宅に住んで犬を飼う場合には、飼い主は犬をしっかりしつけ、常に心配りを
忘れないという意識をきっちり持つことが大切ですね。
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |