犬を飼う時に、どのように犬のしつけをしていけば良いのか
気になりますよね。

そもそも犬のしつけとは、犬に人間の命令を一方的に理解させる
ことだと思っていませんか?

犬のしつけは、飼い主にとって都合の良い犬に育てることでは
ありません。

人間にとって困った犬の行動は、犬にとっては当たり前の行動なのです。

例えば、犬が吠える行動は、人間で言えば話をすることと同じです。
また、噛む行動は、人間では手を使うことと同じなのです。

このように、犬の行動には犬本来の習性もあれば、人間と同じように
意味を持って行うものなのです。

また、人間と同様に気が強い犬や、気持ちの優しい穏やかな犬、神経質な犬など
犬にも性格や個性があります。

犬のしつけをする場合は、犬の性格や個性を理解し、
犬が起こす行動や習性といった犬の気持ちを正しく理解することから始まります。

犬のしつけをする前は、犬の習性や人間にとって困った行動には
どういう意味があるのかをまずきちんと理解するようにしましょう。

その上で、実際に飼う犬種のタイプや犬そのものの個性や性格を理解し
接するようにしていきましょう。

犬のことを正しく理解したら、実際のしつけに必要となるのは、
人間と犬との間の信頼関係です。

犬との正しい信頼関係があるとしつけは難しいものではないようです。
そして、このようにしつけなくてはいけないという絶対の方法はないので、
犬の性格に合わせたしつけ方法を行うことが大切です。

« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »