犬のしつけ方は、まず犬の性質や習性をきちんと理解した上で行うことが
大切です。

そして、犬との信頼関係をまずはきちんと築くことです。
信頼関係を正しく築くことができないと、なかなか思うようなしつけを
行うことが出来ず難しいようです。

犬との信頼関係は、人間同士の信頼関係とは少し形が違います。
犬の世界での社会とは、完全なるタテ社会となっています。

そのため、主従関係がきちんとした形であることが、
信頼関係を築く第一歩なのです。

犬のしつけ方には、犬の本能や習性といったものに合わせて行う方法と
犬の知能でも理解することができるように目線を落としてしつける方法が
あります。

犬の習性は独特なものがあり、知能も人間と比べるとかなり低いものですが、
人間が正しく理解してしつけを行うことできちんと身につけることが
出来るようです。

犬の本質をきちんと見極めることができずに、しつけを行なってしまうと、
犬との信頼関係を作るために必要な主従関係を正しく築くことが
出来なくなってしまいます。
すると、どんなに頑張っても犬のしつけを成功させることはできません。

犬のしつけは、ただ怒鳴るだけのものや、体罰を与えることで
出来るようなものではないので、しつけグッズや、即効性があると言われて
いる手法に頼らず、きっちり行うようにしましょう。

最初に正しく犬をしつけると、人間にとっても犬にとっても楽になれますし、
人間と犬との生活も楽しいものとなるようです。


« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »