犬のしつけをする時にダメなことがいくつかあります。

犬をしつけている時に、つい叩いて
言うことを聞かせようとすることはありませんか?

場合によっては、叩かなくてはいけない場面もあるかも
しれません。

しかし、基本的には叩くなどの体罰によって犬をしつけるのは
良い方法ではありません。
叩かずに、犬の目をしっかり見て声を出して叱ることが大切です。

犬のしつけを行なっていく時には、体罰ではなくしっかり叱ることが
重要となっていきます。

犬が悪いことをした時には、しっかり叱りそれはいけない事だというふうに
毅然と叱るようにしなくてはいけません。

犬は、群れの中で生活してきた習性を受け継いできているため、
リーダーが誰で自分はどの位置にいるのかということを認識して
行動します。

そのため犬には、飼い主がリーダーだということを理解させるために
悪いことをしたら叱ることが必要となります。

犬のしつけは叱ってはいけないと思っている人もいるようですが、
犬は悪いことをした時に叱らなければ、自分がリーダーだと勘違い
してしまうようです。

そして、犬をしつけていく中でしつけた通りに行動することが
出来たらしっかり褒めてあげましょう。

犬は飼い主の言う通りに行動することができ、褒めてもらえることで
人間に対して信頼関係を作っていきます。
逆に、しつけ通りに行動しても全く褒めてもらえないと人間不信へと
陥るようです。

それだけ褒めることは犬にとってとても大切なようです。
褒める時には、ご褒美を与える人もいるでしょうが、与えすぎずに
ご褒美の与え方と量を考えることも必要です。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »