犬のしつけは、とても時間がかかるから出来るだけ早く始めると良いと
いう風に思っている人もいるようですが、早ければ早いほど良いかというと
そうではないようです。

人間と犬が快適に楽しく生活していくために、少しでも早く犬のしつけを
完了したいという思いもわかりますが、犬のしつけの内容やしつけていく順番や
時期というものがとても重要となっていきます。

犬のしつけに最適と言われている時期は、生後4ヶ月ころだと言います。

それまでは、人間と一緒に生活していくということに慣らすために
愛情を込めて一緒に遊ぶようにしましょう。

しつけに良い生後4ヶ月ころになったら、少しずつしつけを開始します。

4ヶ月ころになると人間との生活に慣れてくる頃です。
ある程度人間との生活に慣れた方が、しつけを行いやすいと言います。

ただ、犬の犬種によってしつけの時期は若干違っても良いようです。
特に、室内で飼うことが多い小型犬は、生後4ヶ月よりも少し前からしつけて
いくと良いようです。

室内犬として飼う場合、排泄の場所や、眠る場所、人間への接し方など
しつけていかなくては行けないことが沢山あるため、様子を見ながら少し
早めに始めていくと良いようです。

しかし、大型犬の場合はあまり早めに始めてしまうと、プレッシャーを
感じストレスになってしまうようなので、4ヶ月頃を目安に行うと良いですね。

生後4ヶ月はあくまでも目安なので、犬の様子をみて始めていくと良いようです。
犬のしつけは、2歳くらいまでに終えるようにすると犬にも飼い主にもしつけに
対する負担がかからずにしつけを終えることが出来るようです。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »