犬のしつけの中で、決められた場所でおしっこやうんちをする
トイレのしつけはかなり重要です。

また、早い段階でしつけなければ、家のあちこちでおしっこやうんちを
してしまいますので、犬のしつけの中でも一番最初にしっかりと
取り組みたいもののひとつです。

犬のトイレのしつけは、すぐに出来るようにはなりませんが、
根気よく正しい方法でしつけなければいけません。

犬にトイレをしつける上でのポイントは、犬が便意を感じたら自発的に
犬のトイレの場所に行って用を足すことが出来るようになることです。

実際にトイレのしつけを行なっていくと、すぐに覚えることは出来ず、
覚えたなと思っても犬は度々失敗してしまいます。

失敗した時は、ついつい体罰を与えたい心境に陥ってしまうかもしれませんが、
叩くといった体罰は与えずに、根気よく教えていくようにしましょう。

なぜなら、犬がトイレに失敗した時に、大きな音をたてたり、犬を叩くなどの
犬にとってはマイナスで不快な感覚を犬に与えてしまった場合、
犬は、トイレに失敗したから叩かれたんだという風には思わないのです。

おしっこやうんちをしてしまったことに対してマイナスな気持ちになって
しまい、また用を足すと叩かれるという恐怖心を抱くようになってしまうそうです。

マイナスの気持ちと恐怖心を与えることで、犬は飼い主に隠れて
おしっこをしたり、食糞症という自分の便を食べてしまうといった行為を
起こしてしまうことが多いようです。

犬にトイレをしつける場合は、マイナスの気持ちと恐怖心を与えるようなことはせず、
トイレの場所できちんと出来た時に沢山ほめてもらえる、おやつをもらえるなどの快いプラスの
気持ちを犬に与えることが正しいしつけ方法なのだそうです。

人間も犬も、叱られて育つというよりは、出来たことを褒めて認めてもらえることで
身についていくのかもしれませんね。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »