犬には、人間と同じように性格や持って生まれた性質というものが
存在するようです。

何があっても吠えることなく動じない犬もいれば、
ほんのちょっとしたことでも吠えてしまう犬もいますよね。

例えば、玄関のチャイムが鳴ったとたんに狂ったように吠える犬や、
周りにいる人や犬などに反応して無駄に吠える場合、夜や早朝など決まった
時間に吠える犬など様々です。

犬の無駄吠えをしつけるのに苦労しているという人も少なくないのでは
ないでしょうか。

犬の無駄吠えをしつけるためには、なぜ犬は吠えるのかという基本的なことを
飼い主が理解するところから始まると言います。

犬は、オオカミの習性を受け継いでいる動物として、1匹のリーダーと元に
集団で生きていく動物です。そのような習性を持つ犬が吠える場合には
ある一定のパターンが存在します。

まず、自分たちに危険がせまっているという意識や、自分たちの群れから
子供を守るという意識、狩りをする意識の他に、嬉しい、甘えといった
感情からくるものがあります。

犬はただ闇雲に吠えているのではなく、意味を持って吠えているのです。
吠えることをやめさせる行為は、犬にとっては人間のエゴでしかないと
言えるのです。

そうは言っても、無駄吠えは人間と一緒に生活をしていく上では
他人に迷惑をかけてしまうことにつながるので、何とかしつけを行い
無駄吠えを減らしていくようにしなければありません。

犬は、吠える事自体をやめることはできません。
無駄に吠えることを減らすという意識でしつけることが大切だと言います。

犬の無駄吠えをしつける場合は、どんな理由から吠えるのかをじっくり観察し
てその原因を探ってから無駄吠えのしつけを行なっていくと犬の無駄吠えを
しつけることが出来るようです。
« | »

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« | »